fc2ブログ

【速報】“ルフィ”今村容疑者と警察署で接見 ビデオ通話で外部と繋ぎ…特殊詐欺の証拠隠滅疑い 広島の男性弁護士の関係先に家宅捜索 警視庁

1_202311281426063c9.jpg

一連の強盗事件で「ルフィ」を名乗っていたとされる今村磨人容疑者らが関与したとされる事件について、広島県の男性弁護士が接見中に証拠を隠滅したとして、警視庁などが弁護士の関係先に家宅捜索に入りました。

捜査関係者によりますと、40代の男性弁護士は今年2月下旬ごろ、特殊詐欺事件に関与したとして逮捕・勾留されていた今村磨人容疑者(39)と原宿署で接見。

男性弁護士は接見中に、今村容疑者と特殊詐欺事件に関与したとされる人物をビデオ通話で繋ぎ、この人物が自らの事件への関与を今村容疑者に口止めしたため、証拠隠滅の疑いで家宅捜索に踏み切ったということです。

今村容疑者は一連の強盗事件で「ルフィ」などとと名乗り、犯行を指示したとして7回逮捕されていて、警視庁は一連の事件の実態解明を進める方針です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ef7953f3f34e73e4a23757e214e40224d583c84

AS20230912002001.jpg

「困ったら殴れ」 強盗殺人容疑者の指示、フィリピン元同房者が証言

 全国で相次いだ強盗事件のうち、東京都狛江市で1月に住人の女性が死亡した事件で、警視庁は12日、フィリピンの収容所から事件を指示したとして、特殊詐欺グループ幹部の今村磨人(39)、渡辺優樹(39)の両容疑者ら4人を強盗殺人容疑などで再逮捕した。

 特殊詐欺グループは、どのように強盗事件に関わるようになったのか。取材に応じたのは、フィリピンのビクタン収容所で、容疑者4人と同時期に収容されていた2人。「ルフィ」などを名乗っていた今村磨人(きよと)容疑者(39)らが2020年夏以降、特殊詐欺と並行して強盗も指示するようになったと証言した。

 韓国籍で40代の元収容者の男性は、7月に取材に応じた。今村容疑者と20年夏ごろまでの数カ月間、収容所の同じ部屋で過ごしたという。男性は日本語が使える。

 男性によると、別の部屋の日本人の収容者らが、今村容疑者を訪ねてくることがあった。出入りは可能だったという。

詐欺に加え、窃盗や強盗も 
 今村容疑者が日本人らに、スマートフォンで電話をかけさせている様子を見たのは20年8月ごろ。日本人らは電話口で「あなたは詐欺にあった可能性があります」などと告げていた。金融機関の口座番号などを聞き出していたという。

 今村容疑者は日本人たちに、「空き巣に入ってもいい」「困ったら無理やり殴ってもいい」とも指示していた。日本人らは、その指示を電話先の誰かに伝えていた。

 特殊詐欺に加え、窃盗や強盗も指示していたように男性は受け止めたという。



御苦労なこった(´・ω・`)今村に口止めwwww

特殊詐欺事件に関与したとされる人物wwww  芋づる式に犯人が!w

計画的強盗殺人は極刑!絞首刑で!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

野良猫岡山

Author:野良猫岡山
気長にご覧下さい。最新ニュースをお送りします。

counter



アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
26位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

リンク

検索フォーム

株価ボード(β)