FC2ブログ

iPhone3機種生産 10%下方修正 アップル

1_20190109172424789.jpg
【台北=鄭婷方、黎子荷】米アップルが2018年秋に発売した新型3機種のスマートフォン(スマホ)「iPhone」の生産台数を下方修正することが分かった。19年1~3月期の生産量を当初計画から10%程度減らす見通しで、部品などを担う各メーカーに通達した。重要市場の中国を中心に販売が低迷しているためだ。生産減は製造拠点でもある中国経済に与える影響も大きい。

複数の関係者によるとアップルは18年末、部品や組み立てを手掛けるサプライヤーに10%程度の下方修正を通知した。18年秋に発売した高精細の有機ELパネルを搭載した高級機種の「XS」「XS Max(マックス)」と、液晶パネルを搭載して価格がやや安い「XR」の新型3機種すべてが対象という。

アップルは日本経済新聞の取材にコメントしなかった。

関係者は「どの機種を生産しているかによって下方修正の幅は異なるが、平均で約10%となる」と話した。旧式も含めたiPhoneの生産量は1~3月に4700万~4800万台が見込まれていたが、4000万~4300万台程度にとどまるとの見方が出ている。

アップルによると、18年1~3月の販売台数は5221万台となっており、生産は前年に比べて急減する見込みだ。

同社は2日に18年10~12月期の売上高を下方修正すると発表したばかり。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は投資家向けの声明で「新興国での一定の厳しさは予測していたが、中華圏(中国と香港、台湾)は経済減速の規模感を想定できなかった」と説明した。

米中貿易戦争で世界経済の不透明感は強まっている。特に重要市場である中国の消費意欲が低下しており、高価格がネックとなって販売が伸び悩むiPhoneは19年1~3月も厳しい状況が続きそうだ。

アップルは世界のスマホ出荷台数に占めるシェアで長く韓国サムスン電子に続く2位を維持してきたが、18年4~6月に中国の華為技術(ファーウェイ)に抜かれて3位となった。

iPhoneは日本や韓国、台湾、欧米などの多数のサプライヤーが関わり、減産で悪影響が広がる可能性がある。

組み立てを担う台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は19年の需要減を見据え、18年後半から同年末にかけ10万人規模の人員削減を実施した。減産により人員を減らしてコストを削減する動きがさらに広がりそうだ。iPhoneに使う半導体メモリーやパネルなどの部品市況を一段と下押しする可能性もある。

iPhoneは主に鴻海などの中国工場で生産され、世界に出荷されている。鴻海の中国国内の従業員数は繁忙期には期間工を含め百万人規模に達する。iPhoneの不振は中国の雇用に打撃をもたらし、経済にも悪影響が及ぶ恐れがある。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39795470Z00C19A1MM0000/?n_cid=NMAIL007
2018年10~12月期の売上高を下方修正すると発表したばかり。(´・ω・`)


さらに10%DOWN・・・アップル・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

野良猫岡山

Author:野良猫岡山
気長にご覧下さい。

時事ニュースをお送りします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
53位
アクセスランキングを見る>>

ランキング

検索フォーム

時計

FX初心者でもわかる!達人の勝てるFX

counter

アクセスカウンター

株価ボード(β)